睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群の検査・治療

睡眠時無呼吸症候群の検査を行っております。
睡眠中の呼吸の状態、酸素濃度などを測定します。

当クリニックでは、自宅にコンパクトな機械を持って帰っていただき、ご自宅で簡単に睡眠中に検査していただくことが可能です。

検査予約や詳細につきましては、お問い合わせください。

睡眠中に何度も呼吸が止まる病気

睡眠時無呼吸症候群は、その名のとおり「寝ているときに呼吸が止まる」病気です。
健康な人でも、眠っている間に少し呼吸が止まることはよくありますが、長い時間呼吸が止まったり、何度も呼吸が止まったりするようなら、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。

医学的には「無呼吸=呼吸が10秒以上止まること。」睡眠時無呼吸症候群=無呼吸が1時間に5回以上または一晩(7時間)のうちに30回以上起こるとき、とされていますが、呼吸がどれくらい止まっているかを家庭で数えるのは難しいものです。

いびきがひどく、時々止まるというような人は、回数や時間にこだわらず、一度検査するとよいでしょう。

日常生活に影響

睡眠時無呼吸症候群の人は、睡眠時間を何時間とっても、実際にはきちんと眠れていませんから、「寝ても寝ても眠い」毎日が続くことになります。
集中力がなくなり、居眠りをしがちになって、交通事故など事故の危険が高まり、ひどくなると仕事もままならなくなってしまいます。

睡眠は人間の健康を維持するためにとても大切なことです。
睡眠時間はとっているのに眠気がとれなかったり、居眠りをしてしまうのは、カラダが出している危険信号です。いびきや無呼吸にこだわらず、気軽に検査を受けましょう。

睡眠時無呼吸症候群の症状

大きないびき昼間の眠気や集中力の低下
よく居眠りをするいつも寝起きが悪く、熟睡感がない
起きたときに頭痛がする夜中に起きる回数が多い
インポテンツ

CPAP療法(在宅持続陽圧換気療法)

CPAP療法

当院ではCPAPの管理を行っております。お気軽にお問い合わせ下さい。

治療法は原因や症状によりさまざまで、なかには減量や禁酒、睡眠時の姿勢を変えるといったライフスタイルの改善で症状が軽くなる人や、マウスピースをつけて寝るだけで治る人もいます。

へんとうが大きい、口蓋垂(のどちんこ)が長いなどが原因の場合は手術が必要ですが、それほど難しい手術ではありませんし、ほとんどの人が手術で完治します。
ライフスタイルの見直しや手術では治らない場合に、もっとも効果的なのがCPAP(シーパップ)。
簡単にいうと、寝るときに鼻マスクをつけて、空気を送りこむ治療法です。マスクを外すとまた症状が出るので、続けなければなりませんが、ほとんどの人がこれにより快適な睡眠を得られるようになります。

アクセスはこちら
駐車場案内
ワクチン
健康診断
禁煙外来
睡眠時無呼吸症候群
AGA

   AGAについて
 ≫  AGA外来
   AGA治療薬

当院のご紹介

診療科目

内科・小児科・循環器科・
リハビリテーション科・放射線科

所在地

〒594-1153
大阪府和泉市青葉台2丁目19-2
TEL:0725-55-1843